pd2015

Just another WordPress site
*
2016-02-01

上原ゼミインタビュー・仮設営風景

みなさんこんにちは

広報班の佐藤です。

 

今回のブログでは、先日行われた最終レビューの様子と共に

上原ゼミのみなさんへのインタビューと仮設営の様子を載せていきたいと思います。

トップバッターは高橋秀幸くん。DSCF8485——卒業制作のテーマを教えてください!

「機能を独立分解させたシューズ」です

——苦労した部分はどこですか?

アウトソール(靴底)とミッドソール(クッション部分)とアッパー(履き口)が上手く組み合わせられるように設計することが一番苦労しました

——こだわったところはどこですか?

3つのパーツがそれぞれ調和するようにデザインしました

shoes1

——後輩へのアドバイスをひとこと!

好きこそものの上手なれの精神でいくのも悪くない!(でも嫌いなものもためしにちょっぴり頑張ってみて)

かっこいい作品ですね〜!だけど女性でも履けそうなおしゃれなデザインです。

 

つづいては鈴木完吾くん。
DSCF8519

——卒業制作のテーマを教えてください!

テーマは「書いて時間を表す時計」です。
文字を書くからくり人形ってあるじゃないですか。それが時間を書いたら面白いんじゃないかって、作りました。
S__34037844 S__34037843——苦労した部分はどこですか?

摩擦ですね。どうしてもカムをたどるアームとの間には生じてしまい大変です。後は完動への道のりですね。とても長いです。パーツが400以上あるんですけどそれらが全て正常に動くか、今もなお取り組んでいます(泣)

——こだわったところはどこですか?

たくさんあるパーツを全部自分で切ったというところですかね。気の遠くなる作業でしたがなんとか頑張りました。

S__34037845

——後輩へのアドバイスをひとこと!

大変なことに比例して出来上がった時の達成感は上がると思います!疲れたら寝ましょう!

圧巻の職人技です。いつも黙々と作業する姿が教室にありました。努力の結晶ですね! 疲れたら寝ましょう。

 

つづいては中前結葉さん。

S__14458894

——卒業制作のテーマを教えてください!

「絵描きのための収納」です。

——苦労した部分はどこですか?

全て機械を使わずに手作業で作った点。特に手縫いは大変でした。

——こだわったところはどこですか?

苦労した部分でもある手縫いです。制作物の中でも特に時間が掛かっています。

——後輩へのアドバイスをひとこと!

体調を崩して、作業に使える時間が物凄く少なかったことを後悔しているので、体調管理をしっかりした方がいいと思います。作れるものも作れなくなります。

絵をよく描いている中前さんならではのデザインです。

 

 

つづいては新田さくらさん。

DSCF8486

——卒制のテーマを教えてください

「アウトドアを楽しむアクティビティの研究 手巻き式で進むキッズカーの提案」

——苦労した部分はどこですか?

研究から作品に結びつくまで

——こだわったところはどこですか?

カタチ、サイズ、色、です!

——後輩へアドバイスをひとこと!

卒制は想像以上に大変だけど、楽しみながら頑張ってください!

子どもが好きそうな可愛らしい丸みのあるデザインです。

 

 

つづいては野澤大介くん。

DSC_0607

 

——卒業制作のテーマを教えてください!

『バネの構造を用いた椅子』です。
——苦労した部分はどこですか?

組み終えた後のヤスりがけが一番大変でした。アルミはすぐ傷が付くので、その度にヤスりをかけるのは中々根気のいる作業でした。
——こだわったところはどこですか?

メカメカしい外観に、レザーの座面を用いたところが、自分の中でこだわりのある部分です。
——後輩へのアドバイスをひとこと!

卒制と就活で忙しいとは思いますが、ぜひ悔いの無いよう大学生活を送ってください!

野澤くんらしい、男らしさも感じるデザインです。

 

 

最後は金子紘大くん。

DSCF8502

——卒業制作のテーマを教えてください!

「地面を蹴らずに加速する横乗りスポーツギア」です。

——苦労した部分はどこですか?

強度と自分が理想とする形を両立させながらの設計が一番大変でした。あと滑らかな曲面を削り出すのも大変で何度も失敗しました。

——こだわったところはどこですか?

様々な素材のパーツを使っていますが、それらが一つに組み合わさったときの一体感がこだわりです!

——後輩へのアドバイスをひとこと!

卒業制作は自ら決めたテーマと好きなだけ向き合える贅沢な時間です。悔いが残らないよう全力で楽しんでください!!

作品の全貌は会場で!とのことでした(笑)こちらもすごくかっこいい仕上がりです。

 

最終レビューの様子を撮ってくれていたのは南雲くんでした。

DSCF8521(↑)こちらは神保さんの作品。

DSCF8492

(↑)和紙を使用した鈴木さんの作品。DSCF8525

(↑)石川さんの成型合板の椅子です。

DSCF8532

(↑)菅野くんの水耕栽培ファニチャー。DSCF8533

(↑)黒沢さんのノマキューブの機構を生かした家具。DSCF8535(↑)荻山くんの柔性を生かした椅子。

 

 

さて、1月31日は本設営前最後の仮設営でした。
IMG_0207

実際にみんなで協力して備品を運び出します。

IMG_0208 IMG_0224

カーペットもみんなでくるくる押しながら敷きました。

IMG_0228床がグレーに。印象ががらっと変わりますね。
IMG_0232 IMG_0241照明を設置するためにすごく原始的な方法を使いました(笑)

IMG_0246 IMG_0251最後はきちんとモップをかけて…

IMG_02492月9日からの卒業展示会、どんな会場になるんでしょうか!
ぜひ実際に足を運んでみてくださいね!高橋くんも待っています。

広報班 佐藤(璃)

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

東北芸術工科大学
TUADBLOG